大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

なるほど!深層心理で豆知識 / vol.8

気になるあの人の心をリーディング!

「相手の心が読めたら、もっと上手く付き合えるのに……」と思うことはありませんか? 実は、何気ないしぐさや、思わず口から出た言葉には、人のホンネが表れているのです。今回の深層心理は、相手の歩き方によって性格の傾向をさぐるというもの。グループで行動するときにチェックして、チームづくりの際に役立ててみてはいかがでしょうか。

歩き方を見れば相手の性格や力量がわかる!?

 2015年、本州の梅雨明けは7月16日から始まると予想されているそうです。梅雨が明けるといよいよ夏本番。暑気払いに居酒屋で一杯……という機会も増えそうですね。そこで、目的地へ向かってグループで歩き始めたときに、皆の歩き方に注目してみてください。歩き方や歩くポジションで意外なことがわかります。

 まず、大股で堂々と歩く人。このタイプは一見、おおらかに見えますが、自分を堂々と見せたい、独立心をアピールしたいなどという願望があり、少々打たれ弱い面もあるようです。一方、小股でせかせかと足早に歩く人は、言わずもがな、気持ちに余裕がないタイプ。また、自分を忙しそうに見せることで、周囲に能力のある人間だと見られることを望んでいます。なお、後者は、功を焦るあまりミスが多いので、チームを組んで仕事をする際には注意が必要でしょう。

 また、歩くポジションによって、仕事での適材適所がわかります。リーダーに適しているのは一般的に、さっそうと先頭を歩く人だと思われがちですよね。しかしそうではなく、つねにグループの一番後ろを歩く人こそリーダーの素質があると言われています。最後尾にいて足の遅い人をフォローし、皆の足並みがそろうよう、気づかいながら歩くからです。このタイプは、歩くペースが遅くて小走りで皆の後を追いかける人とは異なり、歩き方に余裕が感じられるはずです。

 もしもあなたが中間管理職の立場なら、つねにグループの最後尾を堂々と歩くタイプにチームのリーダーを任せるとスムーズです。方や、後ろを振り返ることなく、先頭をマイペースで歩く人は、周囲に合わせることが苦手な人が多いので、ある程度個人で進められる仕事を与え、責任を持たせたほうがうまくいくでしょう。また、小股で早足に歩く人はリーダーの補佐にすると力を発揮でき、皆と足並みをそろえて列の中央を歩く人は、チームでも、個人でも臨機応変に対処できるタイプですから心配ないでしょう。

 このように、性格が現れやすい“人の歩き方”に注目してみるのも、人事の判断材料の一つになるかもしれません。

(文/花梨)

「なるほど!深層心理で豆知識」バックナンバー

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.7 声のトーンに隠された、あなたへの気持ち

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.6 あの人の話は眉唾。瞬時にウソを見破ることはできる?

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.5 初対面の相手は、自分に好感を持ってくれている?

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.4 別れ際に見せるあの人の態度から気持ちが分かる?

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.3 上司に腕組みをされたとき、あなたならどうする?

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.2 いつも笑顔のあの人の心の内には……?

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.1 恋するあの人は、私のことをどう思っているの?

PAGE TOP