大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

なるほど!深層心理で豆知識 / vol.3

仕事も恋も上手く行く!!  気になるあの人の心をリーディング!

 

「相手の心が読めたら、もっと上手く付き合えるのに……」と思うことはありませんか? 実は、何気ないしぐさや、思わず口から出た言葉には、人のホンネが表れているのです。気になる相手の行動をつぶさにチェックして、心の内側をのぞいてみましょう!

上司に腕組みをされたとき、あなたならどうする?

 あなたの周囲に、腕組みをしながら人の話を聞く人はいませんか? 一般的に、腕を組む行為は、相手に威圧感を与えるためだと思われやすいのですが、実は組む腕の位置や姿勢によって、本人の心理はまったく異なるのです。

 例えば、腕の位置が高く、相手を見下ろしていたり、首を傾けて見上げるような視線を投げかけていれば、「威厳」を示しているか「拒絶」のサインですが、組む腕の位置が低めだったり、相手から視線を外しているなら、「受け入れ拒否」のサイン。

「威厳」「拒絶」のサインと同様に、「受け入れ拒否」のサインも、相手を拒んでいることに変わりはないのですが、前者・後者で大きく違うのは本人の心理状態です。

 前者は感情が相手に向かい、後者は自分の内へと向かっています。相手の話に対して自分の考えをまとめたいので、「このエリアから中に入って来ないように」と、無言のアピールをしているのです。

 もしも、あなたが上司と話していて、このような様子が見られたら、矢継ぎ早に質問をしたり、同じ言葉を何度も繰り返さないほうが良いでしょう。「気が利かない人間」というマイナス評価をされ兼ねないからです。

 人は開放的な気分のときは、腕組みなどしないもの。相手に自分の思いを伝えたい、友好な関係を築いていきたいと思っているなら、「受け入れ拒否」のサインを察知した段階で、言い回しを変えたり、話題を変えたりしてみてはいかがでしょうか。心の緊張がほぐれれば、腕組みを解いてあなたと向き合ってくれるはずです。


(文/花梨)

「なるほど!深層心理で豆知識」バックナンバー

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.2 いつも笑顔のあの人の心の内には……?

◎気になるあの人の心をリーディング! vol.1 恋するあの人は、私のことをどう思っているの?

PAGE TOP