大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

最善を尽くせば天が味方してくれる

 古くから伝わる四字熟語やことわざ、名言には、先人たちの知恵が凝縮されています。国や時代背景、慣習が異なるにもかかわらず、先人の言葉が現代に生きる私たちの心に染み入るのは、古今東西変わることのない、人としての生き方や、心のあり方、人と人とを結ぶ絆の大切さを教えてくれるからでしょう。今回は、アメリカのインディア州で起きた奇跡の体験を、ことわざと絡めて紹介したいと思います。

運否天賦(うんぷてんぷ)

 運の良し悪しは天がそうさせるものであり、これを変えることはできない。運は天にあり。運命に任せるという意味もある。

コースを大きく外れたボールの行方

 4年に一度のスポーツの祭典、オリンピック、パラリンピック。2016年も、多くの感動と勇気をもらえましたよね。

 パラリンピックが終わる頃から、秋の気配が高まり、スポーツを始めるのに最適なシーズンとなります。夏の間、運動を控えていた方も、再開を考えておられるのではないでしょうか。そこで今回は、男女問わず人気の高いスポーツ、ゴルフにまつわるお話を紹介したいと思います。

 今から半世紀以上前の1959年のこと。アメリカのフォード夫人は、インディアナ州の南部、クロウフォード郡で、仲間と共にゴルフを楽しんでいました。彼女のフォームはお世辞にも美しいとは言えませんでしたが、パワーと熱意だけはあり、大きく振り上げたクラブに当たったボールははるか遠くへ飛んでいきました。

 周囲の予想通り、ボールは大きくコースを外れて、木の周辺に落ちた様子。「あれ、ボールが見当たらない。どこへ行ったのかな?」。ふと1本の木を見上げると、上方に鳥の巣があります。まさかと思って中を見たところ、なんと、ボールは巣の中に入っているではありませんか。

第二打目のチャレンジでまさかの奇跡が

 巣に入るなんて、ホール・インより難しいのよ」。すっかり調子づいた夫人は、そう言うや否や木に登り始めました。そして、仲間が止めるのも聞かず、枝を背にしてその場所から第2打目にトライ。「こんな木の上からまともに打てるはずがない」。誰もがそう思っていました。

 ところが、夫人の打ったボールはグリーンに向かうと、そのまま転がっていってホール・イン! 皆、おどろいて、一瞬言葉を失いました。周囲から大喝采を浴びたフォード夫人は言うまでもなく、その日一日、爽快な気分で過ごせたそうです。

 第一打は鳥の巣の中に、第二打目でホールに。偶然とは言え、ほぼ起こり得ない出来事ですよね。これぞ、まさに「運否天賦」。運を天に任せて勝負に出た、フォード夫人の勝利です。逆に夫人が、巣の中に入ったボールを打たずにあきらめたなら、このような感動的な奇跡に遭遇することはなかったはず。

「運は天にあり」とも言うように、自分の力ではどうにもできないことだと思っても、最善を尽くして結果を待てば、彼女のように奇跡を起こせるかもしれません。ギブアップする前に自分のできることをやってみる。それが開運の秘訣とも言えそうですね。

(構成・文/松岡宥羨子)

 

※参考文献/『信じられない「偶然」のいたずら』(日本文芸社)

PAGE TOP