大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

成長を促し、若さを保つために役立つ古代中国の教え

 古くから伝わる四字熟語やことわざ、名言には、先人たちの知恵が凝縮されています。時代背景や慣習が異なるにもかかわらず、先人の言葉が現代に生きる私たちの心に染み入るのは、過去も今も変わることのない、人としてのあり方や、人と人とを結ぶ絆の大切さを教えてくれるからでしょう。今回は『論語』のエピソードから、公私にわたって役立ちそうな先人の教えを紹介したいと思います。

過ちは則ち改むるに憚(はばか)ること勿れ

 孔子の教えを記した『論語』の学而編の中の一節。“君子不重則不威。学則不固。無友不如己者。主忠信。無友不如己者。過則勿憚改。”の中の一節。「君子は慎重でないと威厳がない。他から学ぶようにすれば啓発される。偽りのないよう心がけることが大事で、自分より劣った他人の点に狎(な)れるべからず。過(あやま)ったことに気付いたら、改めることに対してためらってはならない」との意。

自分に誠実であれば周囲からも信用される

 9月の国民の祝日、敬老の日。この祝日は、多年にわたって社会に尽くしてきた老人を敬う日です。経験豊富はお年寄りとの会話はためになることが多いですよね。一方で、年をとると頑固になるのは確か。これは老化現象が大きく関係していると言われています。逆に「若いな」と感じるお年寄りは、思考や発想が柔軟ですよね。

 老人に限らず、かたくなに持論を通そうとする人はいるもの。ことに、人は他者から間違いを指摘された際、それが正しいと気付いても、正すには勇気がいるものです。しかし、紀元前5〜6世紀の思想家、孔子は「過ちを正すことを躊躇してはならない」と、弟子に教え諭しており、そのエピソードが論語にも書かれています。

 あるとき、孔子は衛(中国の周代の諸国)の蘧伯玉(きょはくぎょく)の使いの者に、主人の様子を尋ねました。使いが、「旦那さまは過ちを少なくしようと努めていますが、まだ十分できていないようです」と答えました。その使いが帰った後、孔子は大いに彼を褒めました。孔子の考える“過ち”とは、天の教えに添わない思考と行動を意味していました。すなわち、「過ちを正す」とは、天の教えに対して我執を捨て去ることにあったのです。孔子は、使者の力量を褒めると同時に、彼を感化した蘧伯玉の人徳に改めて惹かれたのでした。

 思うままに振る舞って道(天の教え)に外れない人間は孔子にとっての理想で、過ちを少なくしようとして我執を捨てるよう努めることは、人間の根本的な生き方だと考えていました。また、その努力ができる人こそ君主であると弟子に説き、「過則勿憚改」の大切さ、すなわち「過まった場合は、ためらうことなく改めよ」と諭したのです。

 現代人にとって、この努力は単に、「自己に忠実であること」と理解されていますが、自己に忠実であることが人としての成長を促し、さらに、周囲の信用を得ることにもつながるのではないでしょうか。そのためにもぜひ、柔軟な姿勢を忘れずにいたいですね。

(構成・文/松岡宥羨子)


※参考文献
『書道研究 日本書藝』(大日本書芸院)

PAGE TOP