大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

旬の果物やお馴染みの野菜でストレス解消 ~ ビタミンCの有効な摂取法 〜

 秋もすっかり深まり、紅葉が美しさを増す季節になりました。八百屋の店先には、美味しそうなたくさんの果物が野菜とともに並んでいます。柿、グレープフルーツ、オレンジ、キウイ、ブロッコリー、ほうれん草、ピーマン、ジャガイモ、サツマイモ……これらの食物には、ビタミンCがたっぷり含まれています。冬に向かうこの時期、風邪予防のためにも、ビタミンCをしっかり摂取したいものですね。

 風邪の予防にビタミンCを取ると良いと言われるのは、ビタミンCに免疫力を高める働きがあるからです。また、ビタミンCには、動脈硬化を促す過酸化物質の生成を抑え、血中の悪玉コレステロールの値を下げる作用があります。実際に、コレステロール値の高い人にビタミンCを大量に投与したところ、悪玉コレステロールが減少するというデータが得られたそうです。


 また、細胞間を結ぶタンパク質であるコラーゲンの合成を助ける働きがあり、皮膚や骨を丈夫にしたり、シミやそばかすのもとになる、メラニン色素の沈着を防ぎます。ほかにも、血圧の上昇を抑えたり、血栓を予防する効果や、肝臓の解毒作用を高める働き、薬物を代謝する作用があるなど、老化や病気から体を守るための役目を果たしています。


 なお、老化の原因となる活性酸素は、食生活、飲酒、喫煙、紫外線などが原因で発生します。この活性酸素を抑制するために体内のビタミンCが消費されるわけですが、喫煙者は非喫煙者よりも、1日35 mg多く、ビタミンCを消費しやすいと言います。厚生労働省のビタミンC摂取推奨量は1日、100mgですから、喫煙者は135mg以上摂取することが望ましいのです。喫煙本数が多い人ほど、多くのビタミンCが必要になります。


 ビタミンCはストレス緩和にも役立ちます。過労や不眠、人間関係のトラブルなど、肉体的・精神的ストレスがかかると、人間の体はストレスに対処するためのホルモンを分泌しますが、ビタミンCはこれらのホルモンを作るための材料となります。そのため、日頃から暑さ、寒さ、疲労、睡眠不足などによる、物理的、精神的ストレスを感じている人は、意識してビタミンCを摂取すると良いでしょう。


 ビタミンCは積極的に取ったほうが良い栄養素ですが、一度にたくさん取っても効果はありません。過剰に摂取しても吸収率が悪く、2〜3時間後には尿と一緒に排泄されてしまいます。1日3回、食事ごとに取るのが有効でしょう。なお、サプリメントなどの錠剤も多く出回っていますが、通常の食生活をしていれば、不足することはないと言われています。特に食事がおいしく感じられる季節ですから、果物や野菜からビタミンCをたっぷり取って、毎日を生き生きと過ごしたいものですね。

※ 参考文献:『専門医が教える血液がサラサラになる食事と生活』(幻冬舎)

◎過去のバックナンバーは ⇒ こちら

PAGE TOP