大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

涼と安らぎを得られる風鈴の秘密 ~ 庶民の知恵が生んだ音の風景 ~

夏の風物として涼を感じさせてくれる風鈴。今の家庭ではあまり見られなくなりましたが、昭和40年代ぐらいまでは、軒先で涼やかな音色を奏でる風鈴をよく見かけたものです。

 

風鈴の起源は、風鐸(ふうたく)と呼ばれる鐘型の鈴で、古代インドでは魔除けとして用いられていました。中国の北魏(ほくぎ/386〜534年)の時代、インドに巡礼した僧たちにより、塔廟にかけられた多数の風鐸が、風にゆられて音を響かせていたことが記録されているそうです。中国では、風鐸を竹林の枝に吊り下げて、音の鳴り方による吉凶占いも行っていたので、占(せん)風鐸とも呼ばれました。

風鐸は仏教と共に日本に伝わり、法隆寺の五重塔をはじめ、仏教寺院の屋根の四隅にかけられるようになります。飛鳥・奈良時代、ガラン、ガランという風鐸の音が聞こえるエリアの住人には、災いは起こらないと信じられていました。平安時代に入ると、浄土宗の開祖、法然上人風鈴(ふうれい)という名称を初めて使い、後に“ふうりん”と呼ばれるようになります。平安・鎌倉時代の貴族は、疫病神の侵入を防ぐため、鉄製の風鈴を縁側に吊るしていたそうです。

 

江戸時代になると、風鈴は大衆に広まっていき、その用途も変わり始めます。1700年代には、釣り鐘型の鉄製風鈴が南部鉄器の製造過程で生まれ、その後、ガラス風鈴も作られるようになりました。その頃から風鈴は、魔除けから涼を感じるものへと変わり、明治時代には「風鈴売り」が登場します。ちなみに風鈴の振り管に結びつけられている短冊は、わずかな風を捉えて音を奏でる装置で、ギザギザした鳴り口も、美しい音色を出すための仕掛け。いずれも庶民の知恵から生まれたものです。

 

 

鉄製やガラス製のほか、陶器、竹、備長炭、貝殻、金属、真鍮など、今では素材や形も多様になった風鈴は、さまざまな音色を楽しめます。風鈴の音色は、小川のせせらぎや小鳥のさえずり、木の年輪など、自然界の不規則なゆらぎと同じ、「1/fゆらぎ」があり、このゆらぎにふれるとリラックスできると言われています。1/fゆらぎは生体リズムにも見られるので、同じゆらぎを持つ風鈴の音に、人は安らぎを感じるのだそうです。

 

ところで、「風鈴電車」をご存知ですか? 群馬県前橋市と桐生市を結ぶ上毛電車(じょうもうでんしゃ)では2014年は9月10日まで、車内に100の風鈴を吊るした電車が運行する予定です。同様の企画は兵庫県の能勢電鉄、京都府の叡山電鉄などでも実施され、上毛電車や能勢電鉄では、公募で寄せられた川柳が短冊に書かれているそうです。

 

来る夏を喜び、行く夏を惜しむかのように美しい音色を奏でる風鈴……。風鈴に情緒を求める人の心は、今も昔も変わらないのですね。猛暑のシーズンに入りましたが、時には窓を開放して、風鈴が奏でる風の音にしばし耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献/『NHK美の壺 風鈴』(NHK出版)

◎過去のバックナンバーは ⇒ こちら

PAGE TOP