大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

羽毛製品で快適に冬を過ごす ~保温力バツグンの羽毛の秘密~

 本格的な冬が到来し、連日厳しい寒さが続いています。北海道や東北地方、日本海側では豪雪に大変苦労されていることでしょう。気象庁の発表によれば、今冬はアリューシャン低気圧が平年より日本寄りに位置して発達し、日本付近の冬型の気圧配置も、平年より強まっているため、全国的に寒気が流れ込みやすいようです。ここしばらく厳冬は続きますので、体を温かく保ちたいものです。

 防寒対策として、外出時にダウンジャケットを、寝具に羽毛布団を使用されている方は多いことでしょう。軽くて温かい羽毛は冬に大活躍しますよね。

 

 ダウンジャケットや羽毛布団の品質表示を見ると、「ダウン「フェザー」とあり、それぞれパーセンテージが記されています。ダウンとは、グース(ガチョウ)ダック(鴨)などの水鳥の胸のあたりに生えている綿羽(めんう)で、小さな羽軸の中心核から放射状に羽枝が伸び、羽枝から、ふわふわとした小羽枝が出ています。ちょうどタンポポの綿毛のような形で、「ダウンボール」とも呼ばれています。一方、フェザーは、中心に固い羽軸を持つ本羽で、左右の羽枝から、さらにやわらかい小羽枝が出ています。

 

 どちらも保温性に優れるのですが、ダウンとフェザーの構造の違いが、熱伝達率や感触の差を生むようです。空気をたっぷり含むダウンのほうが熱の対流を起こしやすく、熱伝達に優れており、ソフトな感触です。そして寒いときには広がって空気をたくさん含み、暑いときは縮まって空気の流れを良くするほか、汗などの湿気を吸い取って外へ拡散する性質も持っています。

 保温力は、「ダウンボール」が大きいものほど高いため、ダック(鴨)よりも大型のグース(ガチョウ)や、4、5年ほど育成して羽毛を成熟させた、マザーグースが優れた保温性を発揮します。また、寒い地域で育った水鳥ほど羽毛がふっくらとして大きいので、かさの高さがあり、保温性に優れた高品質な羽毛製品を作ることができるのです。

 

 羽毛布団には一般的に、ダウンと、鳥のお腹付近に生えている、小さくやわらかい羽根、スモールフェザーを混合したものが使われており、スモールフェザーを混合することで弾力性がプラスされます。また、羽毛布団と呼ばれるのは、ダウンを50%以上使用しているもので、ダウンの質と使用率によってグレードが決まってきます。もちろん、羽毛の洗浄や加工、布団生地の素材、キルティング(羽毛の偏りを防ぐための縫製や仕立て)の方法も品質を決める重要な鍵になります。なお、ダウンが50%未満のものは「羽根布団」と呼んで区別しています。

 

 日本では、第二次世界大戦以降、羽毛製品の工業化が実現したと言いますが、現在も、ハンガリーポーランドなど、羽毛の需要のある国から輸入したり、羽毛製品そのものを生産国から輸入しているのが現状です。

 シングルの羽毛布団に利用にされる羽毛は約1.2kgで、飼育されている水鳥から人の手で摘まれたり、機械で採取されます。一羽の水鳥から取れるダウンは、フェザーに比べるとごく少量ですから、1枚の羽毛布団をつくるためには、実に100羽以上の水鳥が必要になると言われています。私たち人間の暮らしを快適にしてくれる水鳥に感謝しながら、大事に使っていきたいものですね。

◎過去のバックナンバーは ⇒ こちら

PAGE TOP