大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

豆乳で美と健康を手に入れましょう 〜 大豆に含まれる注目の栄養成分 ~

朝晩めっきり寒くなりましたね。夕食の献立は体が温まる鍋が良いと考える方も多いことでしょう。水炊き、すき焼き、キムチチゲ、カキの土手鍋……。どれも美味しそうですが、豆乳鍋はいかがでしょう。野菜もたくさん取れますし、大人から子供まで大人気です。

 

豆乳は、水に浸した大豆をすりつぶし、加熱後に漉(こ)した液体で、豆腐づくりの過程でできるものです。ちなみに、漉した後に残った繊維質が「おから」になります。

「畑の肉」と呼ばれる大豆は、アミノ酸バランスの良い良質のタンパク質に富み、必須脂肪酸(リノール酸、α-レノリン酸)、炭水化物、ビタミンB1・B2・E、レシチンなどの多くの栄養素が含まれており、豆乳はこれらの栄養素を豊富に含んでいます。

 タンパク質は皮膚、内臓、筋肉、骨、血液などの細胞や組織をつくる主要な構成物質で、酵素、ホルモン、遺伝子、免疫抗体などの材料にもなります。大豆に含まれるタンパク質には、血圧の上昇を抑制し、血中コレステロールを下げる働きがあります。リノール酸、α-レノリン酸も血中の悪玉(LDL)コレステロールを下げ、α-レノリン酸は善玉(HDL)コレステロールを増やす働きをするので、動脈硬化の予防に効果があると言われています。

 

 レシチンも、血管壁に付着した悪玉コレステロールを溶かして血流を良好にし、動脈効果を防ぐ働きがあります。また、脳細胞の活性化を促して記憶力を高め、脳の老化やボケ予防にも効果を発揮すると言われています。体内に取り込まれたレシチンが、構成成分の一つであるコリンとして腸内で分解・独立し、脳に運ばれて情報伝達物質のアセチルコリンを作るからです。そして、ビタミンB1は、脳神経を正常に働かせ、疲労回復に有効。ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持、肌荒れの予防に効果的です。ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐほか、血行を促進し、皮膚をつややかにする効果も。

 

 その他の栄養成分としては、大豆サポニンや、大豆イソフラボンがあります。大豆サポニンは老化の原因となる活性酸素を抑制し、ガン細胞の増殖抑制作用、肥満防止などに関係します。一方、大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。カルシウムが骨から過剰に溶け出すのを防いで一定に保ったり、骨密度の低下を抑えるので、骨粗鬆症の予防や改善につながり、体の火照りや倦怠感など、更年期障害の諸症状の軽減にも有効との報告もあります。

豆乳は、美容面でも効果を発揮してくれます。大豆イソフラボンには、肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促したり、角質の水分量を増やして肌の保湿力を強化させる作用があり、大豆に含まれる豊富なビタミン類が美肌を保ってくれるのです。さらに、大豆タンパク質にはグルタミン酸、アスパラギン酸が多く含まれているので、髪の乾燥・パサつきを押さえ、潤いを与える効果が期待できます。

 

 年末にかけてのこの時期は、パーティーや忘年会などのイベントが増え、カロリーオーバーが気になる方もいるのでは? そんなときは、事前にコップ1杯分の豆乳を飲むと有効。大豆サポニンの働きで空腹感が押さえられるため、食べ過ぎを防いでくれるからです。

コレステロールを含まない、高タンパク・低カロリーの大豆製品は、減量中の方にもおすすめです。不足しがちなタンパク質を豆乳などから取れば、低カロリーで基礎代謝を活発にすることができますから、無理なダイエットで健康を損なう心配もないでしょう。豆乳なら気軽に摂取できますし、毎日続けて取ることで効果が期待できますよ。

PAGE TOP