大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする
大学教授が考案・開発した、音響3D。初めて体感する脳幹サウンドであなたの聴覚と脳をエクササイズする

脳で感じる朗読

「記憶力に自信がない」「脳の衰えを感じる」「忘れっぽい」という方から

「人生をもっとイキイキと楽しみたい!」という方まで必聴の3Dオーディオブックです!

あなたの脳は、トレーニング次第でもっと能力を高められるはず!

3Dオーディオブックで脳の若返りをはかりましょう!!

3Dオーディオブックをご存じですか?

3Dオーディオブックは、脳トレ効果を最大限に引き出せるよう、懐かしい日本文学に、立体音響(3D音)を融合させた朗読集です。
文学の情景を3D音で表現しているため、臨場感にあふれた珠玉の一品に仕上がっています。


3Dオーディオブックは「脳の若返りをはかる」ということに主眼を置いています。脳の血流量を増やす作用があり、脳の若返り効果を期待できるのです。


3Dオーディオブックにて、日本文学の世界観を楽しみながら脳の若返りを体感してください。

聴覚を刺激すると、なぜ脳を活性化できるの?

その答えを知りたい方はこちらへ。

3Dオーディオブック 作品集

  • 1枚目
    「蜘蛛の糸」(芥川龍之介 1918年)
    「よだかの星」(宮沢賢治 1934年)
  • 2枚目
    「トロッコ」(芥川龍之介 1922年)
    「美しい犬」(林芙美子 1947年)
  • 3枚目
    「魔術」(芥川龍之介 1920年)


CD3枚組を収納BOXに入れてご提供します。

試聴してみましょう!

3Dオーディオブックの臨場感をお楽しみください。

クリック


※ヘッドフォンやイヤフォンのご使用により、3D音の臨場感をよりいっそう鮮明にお楽しみいただけるとともに、脳トレの効果を高めることができます。ただし、大きな音量は聴覚の機能を障害する恐れがあります。ご自身が「心地よい」と感じる程度の音量に調節し、お楽しみください。


※免責 サンプルを試聴したことによる損失・損害は一切負いかねます。

監修者 坂田英明教授が明かす

3Dオーディオブックは、なぜ脳のトレーニングによいのか!

秘密は「脳幹」にあり!


みなさんは、耳は単に「音声をとらえる器官」と考えていませんか?そんなふうに考えている人は、脳の潜在能力を引き出せておらず、人生において、非常にもったいないことをしているかもしれません。実は、聴覚には脳を活性化し、潜在能力を引き出す作用があるのです。


耳から入った情報は、大脳に伝わるまでに、「脳幹」を通ります。脳幹とは、生物が進化する過程にて、最も早く創造された脳です。この脳幹は、生命のコントロールセンターとも呼ばれています。「血液循環」「呼吸」「体温調整」「睡眠」など私たちが生きていくために不可欠な生体機能をコントロールする中枢だからです。


聴覚は、生命のコントロールセンターである脳幹と密接に関係しあっています。聴覚から入った刺激には、脳幹を活性化して脳の血流を促進する効果があるのです。


ただし、脳幹の働きを活性化する音源は、どんなものでもよいわけではありません。私たちの研究によれば、脳内すべてに音が駆け巡るような立体的な音、すなわち3D音に、脳幹の活性化をうながす作用があることがわかっています。

昭和の音が記憶力を刺激する!

3Dオーディオブックのもう一つの特徴は、古きよき日本の原風景を表現する日本文学に3D音を重ねているところにあります。


記憶は大脳の「海馬」という部位がつかさどるといわれていますが、大脳の「聴覚野」にも、記憶の保管庫があることがわかっています。

昔、耳にした音楽や音声などを聴くとふっと懐かしい記憶がよみがえるのは、聴覚野に記憶の保管庫があるためです。

音源によって古い記憶をよみがえらせる手法は、認知症の回想法にもつながるのです。

 

「脳で感じる朗読」を活用しているお客様の声

  • 疲れていたのでうたた寝しながら聞いていたがすごくすっきりした。
    今5作品しかないのでもっと種類が増えて欲しいな、とは思う。
  • 広がり感、というか臨場感が強く感じられた。
  • 朗読者の語り口が良かった。音響効果で物語の情景がはっきり浮かんだ。
  • 3Dという言葉はどんなものか受け手が勝手な想像を膨らますので期待しすぎを招くかも。。。
    リラックスとか、脳に浸透とか、そういう言葉を売りにしたほうが無難かも。
    朗読は前まで興味は無かったのですが、これはずっと聞いていたいです。
  • 聴いているだけで内容が頭に入って来るので楽だと思いました。
  • 朗読を体験したのは初めてですが、3D音楽とマッチしてとても聴きやすかった。
  • 聴きやすかった。蜘蛛の糸の効果音が心地よかった。
  • 深遠さ。音声だけですが、なんとなく奥行きを感じました。効果音はスゴイですね。
  • 語り手の素晴らしさを背景や場面の音響を使うことで一層際立たせ、あたかも映画を見ているような感覚を味わえた。
  • 飽きない工夫があって、苦痛になることなく聞けました。
  • 初めての不思議な音響を体験して、すぐ物語に入り込めたのに驚いた。
  • 自分がリラックスしていくのをはっきりと感じて、身体や心がやさしく軽くなっていくのも体験できました。
  • 読み手の方の朗読も穏やかで、適度な効果音も相まってリラックスして聞くことができました。
  • 音響効果が良かった。ヘッドホ-ンをしていると左右で迫力があり、イメージも浮かんで来ました。
  • 音とリズムがよく、より臨場感を持って聴くことができました。
  • 物語に引き込まれるように聴けた。

お客様のブログでCDの感想をご紹介頂きました。

「脳で感じる朗読」を体験したお客様がブログで感想を紹介して頂いています ⇒ クリック

 

※CDを聞いて体験したご感想をブログなどでご紹介して頂ける、モニターを募集しております。


 詳しくはお問い合わせ下さい。

3D文学作品集「脳で感じる朗読」

3D文学作品集「脳で感じる朗読」

1枚目「蜘蛛の糸」「よだかの星」

2枚目「トロッコ」「美しい犬」

3枚目「魔術」
CD3枚組を収納BOXに収納


この朗読CDは、分かりやすく直された日本文学にその情景に応じた立体音響を加えることで、聴覚・脳幹を刺激しながら、より臨場感のある朗読を耳から直接聴くことができます。

¥7,245
¥4,347
カートに追加
  • 在庫あり

※1枚 2,450円にて単品販売もございます。 

 

朗読にあまり興味がないという方でも、効果音が物語を際立たせてくれるのですっと引き込まれていきます。体も心もほぐれていきますよ。

ご注文はこちら

S&K Amazon Yahoo!ショッピング
 

A005:脳で感じる朗読「蜘蛛の糸」「よだかの星」(価格:2,450円)

 

「蜘蛛の糸」:芥川龍之介が26歳の時の作品。子供向けに書いた童話としてははじめてのもの。

「よだかの星」:生前未発表の作品。宮澤賢治25歳ころの執筆。

詳細へ

S&K Amazon

A006:脳で感じる朗読「トロッコ」「美しい犬」(価格:2,450円)

 

「トロッコ」:芥川龍之介が30歳の時の作品。無駄も不足もないすぐれた描写の名品と評されている。

「美しい犬」:林芙美子が43歳の時の作品。童話集「狐物語」に収められている。

詳細へ

S&K Amazon

A007:脳で感じる朗読「魔術」(価格:2,450円)

「魔術」 芥川龍之介が27歳の時の作品。

巧みな場面転換、人物や風景の描写の確かさ、意外な結末の設定など完成度の高い作品

詳細へ

S&K Amazon

脳で感じる朗読+難聴聞こえがクリアになるCDブック

聴くだけで手軽に大脳や脳幹のエクササイズができる、脳で感じる朗読CDと、「聴力が回復した」「耳鳴りが消えた」「耳閉感が取れた」など、体験手記満載のCDブック。

 

2点セット通常価格 8,745円を ⇒ 6,500円

 

ご注文はこちら

S&K Amazon

脳で感じる朗読+入浴剤セット

脳で感じる朗読 7,245円

エステ入浴剤18パック 2,500円

 

2点セット通常価格 9,745円を ⇒ 7,470円

ご注文はこちら

S&K AmazonYahoo!ショッピング
 
PAGE TOP